最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    美意識に基づいた美容外科は数年前から存在感を増した医療分野だろう。

    たとえば…あなたは今、このサイトを見ながら頬杖をついているのでは?実はこれは手の平の圧力をフルに頬へ伝えて、繊細な肌に余計な負荷をかけることに繋がります。
    本来、健康的な皮膚の新陳代謝は28日毎のサイクルで、365日新しい肌細胞が誕生し、いつも剥落し続けています。こうした「毎日の生まれ変わり」によってお肌は若々しさをキープし続けています。
    よく聞くピーリングとは、老化してしまった不要な角質層をピール(peel:はぎ取るという意味)することにより、生成されたばかりの若くて化粧ノリの良い表皮に入れ替えて、ターンオーバーを正常化する人気の美容法なのです。
    医学界全体がクオリティ・オブ・ライフ(quality of life=生活の質)を大切に捉える流れにあり、物づくりに代表される経済の円熟と医療市場の大幅な拡充により、美意識に基づいた美容外科は数年前から存在感を増した医療分野だろう。
    日本皮膚科学会の判定指標は、①掻痒感、②固有の発疹とその広がり、③慢性及び反復性の経過、3項目すべてチェックが入る疾患を「アトピー性皮ふ炎(atopic dermatitis)」と診断する。
    20~30代に出現する難治性の“大人ニキビ”の症例がじわじわと増加している。もう10年以上こういった大人のニキビに苦痛を感じ続けている女性が皮膚科に救いを求めてやってくる。
    現代社会に暮らすということで、身体の内側には人体に悪影響をもたらす化学物質が蓄えられ、更に己の体の中でもフリーラジカルなどの活性酸素が生産されていると報じられている。
    加齢印象を強くする重大な要因の一つが、歯に固着した”蓄積クスミ”です。歯の外側の層には、見えないくらい小さな凹凸があり、生活の中で黄ばみや食べかすなどの汚れが付きやすくなっています。
    サンバーンを起こしてできてしまったシミを消すよりも、できてしまわないようにあらかじめ防いだり、肌の奥に巣食っているシミの予備軍をシャットアウトすることの方が重要だということをご存知でしょうか。
    スカルプは顔の皮ふと一続きになっているため、額までの部分を頭皮と全く一緒と捉えるのはまだあまり知られていません。加齢に伴って頭皮がたるむと、フェイスラインのたるみの主因になります。
    そういう時にほとんどの皮膚科医がまず使うのが、美白美容液などに配合されているビタミンC誘導体である。外用抗菌薬も併せて使用すると大体6ヶ月で治療完了に導くことができた事が多いとのことだ。
    残業、会社の飲み会、仕事の付き合い、深夜に及ぶスポーツ中継・翌日のお弁当作りや食事の準備…。お肌が荒れてしまうということは知っていても、実際の生活においては十分に睡眠時間を持てていない方がほとんどではないでしょうか。
    デトックスは、健康食品の服用や汗をかくことで、そういった人体の有害な毒素をできるだけ流そうとする技術を指しているのだ。
    本来28日周期のターンオーバー(新陳代謝)が滞ってしまうと、色々な肌のエイジング現象や肌トラブルが出現するようになります。シワ・濃くなるしみ・顔色がパッとしないくすみ・隈・弛み・吹き出物・肌荒れ・乾燥など、まだまだ挙げてみればキリがないほどです。
    たくさん汗をかいて身体のなかの水分量が減ってくると尿の量が減らされて体温調節に欠かせない汗のための水分が溜められ、このだぶついた水分が使用されずに不愉快なむくみの原因になっています。

    Comments are closed.